派遣バイトとは?派遣社員との違いって?高校生もできる?

今回は派遣バイトについて挙げてみたいと思います。

派遣バイトという言葉を聞いたことがない人も多いかと思います。

確かに派遣バイトと言うと、派遣社員なのかアルバイトなのか分からず紛らわしい感じもしますね。

また派遣バイトと似た用語として、「日雇い派遣」や「登録制バイト」なんて言葉もあったりします。

今回はそんな派遣バイトについて挙げてみます。

スポンサーリンク

派遣バイトとは?

派遣バイトとは何の意味を指しているのでしょうか。

結論から言えば、派遣バイトというのは「呼び方」の1つです。

派遣社員やアルバイトのように、雇用形態を指している訳ではありませんし、明確な定義がある訳でもありません。

 

特に派遣バイトと言う場合、「単発」の派遣の仕事を指しているケースが多くなります。

派遣バイトは単発仕事が中心なので、派遣形態でありながらアルバイト感覚で気軽に働けることから「派遣バイト」と呼ばれるようになったものと考えられます。

そのため派遣バイトとは言っても、お仕事は派遣会社から紹介してもらう事になりますし、お給料も派遣会社から支給されます。

また派遣バイトの単発仕事が終了しても、また別の単発仕事などを派遣会社から紹介してもらえる場合もあります。

派遣バイトは学生さんなど休暇中に単発で仕事をしたい方や、副業目的としても人気があります。

 

派遣バイトと派遣社員の違いは?

派遣バイトと派遣社員の違いは何でしょうか。

どちらも派遣会社に登録をし、派遣会社からお仕事を紹介してもらい、派遣会社から給与が支給される点は同じです。

またどちらも派遣会社に登録しているスタッフを派遣先へ派遣して、派遣先担当者の指揮命令のもとで労働力を提供する「人材派遣」の形態である事にも変わりはありません。

 

ですがもし強いて言えば、その契約期間です。

上記でも挙げたように派遣バイトと言うと1日などの単発派遣を指すケースが多いですが、派遣社員と言うとどちらかと言えば3か月程度の契約期間である一般派遣をイメージされる方が多いように個人的には思います。

もちろんどちらも同じ派遣なので大きな変わりはありませんが、イメージとして派遣バイトは単発の派遣を指すケースが多くなってくるでしょう。

 

派遣バイトと紛らわしい用語って?

派遣バイトと派遣社員の意味の違いも分かりづらい所ですが、さらに紛らわしい用語も存在します。

例えば「日雇い派遣」「登録制バイト」「単発派遣」「スポット派遣」「日雇いバイト」といった類のものです。

  • 日雇い派遣
  • 登録制バイト
  • 単発派遣
  • スポット派遣
  • 日雇いバイト

正直ここまで似たような用語があると分かりずらいですね。

 

ですが基本的には「日雇い派遣」「登録制バイト」「単発派遣」「スポット派遣」はほぼ同じ意味と考えて良いでしょう。

意味としては、「1日単位での雇用契約を条件とした派遣契約」のことを指します。

 

ですが最後の「日雇いバイト」は少し異なります。

日雇いバイトは「日雇いアルバイト」の事を指し、主に一般企業などで一日だけ雇われて働く短期的なアルバイトを意味しています。

そのため派遣会社は関係なく、あくまで労働者と企業が直接雇用契約を結ぶ形となります。

もちろん雇用主も一般企業(会社・お店など)ですし、お給料もその会社から直接支払われます。

関連記事:日払いの「規定あり」とは?具体的な内容や法律についても解説

 

また派遣法が改正されて以来、現在では日雇い派遣は原則禁止となっており、以下のいずれかの例外事由に当てはまらなければ日雇い派遣のお仕事をする事はできません。

日雇い派遣の例外事由

  1. 60歳以上であること
  2. 雇用保険の適用を受けない学生
  3. 主たる業務の収入額が500万円以上で、副業として日雇い派遣に従事する方
  4. 世帯合計年収が500万円以上の主たる生計者以外の方

そのため人によってはあえて「日雇いバイト」を選び、単発のお仕事をする人の姿も見られるようです。

派遣バイトを始め、言葉の使い方は難しいものですが、できる限り覚えておきたいものですね。

スポンサーリンク

高校生は派遣バイトはできる?

高校生でも派遣バイトをやりたいという人もいるかと思います。

高校生の場合、上記でも挙げた日雇い派遣の例外事由に当てはまるかどうかが大切です。

つまり2番目の「雇用保険の適用を受けない学生」に該当するかどうかがポイントになります。

 

雇用保険の適用を受けない学生とは、つまり「昼間学生」のことを指しています。

昼間学生とは簡単に言えば、昼間に学校に行っており、夜アルバイトなどで働く学生のことです。

そのため通信教育を受けていたり、高等学校の夜間や定時制の人・休学中の人などは日雇い派遣をする事はできません。

そのためもし2番目の例外事由に当てはまらないようであれば、他の事由に該当しないかどうかもチェックしましょう。

 

もしどの事由にも当てはまらない場合には、残念ですが日雇い派遣のお仕事をすることは出来ません。

ですが派遣だけでなく、高校生ができるお仕事には様々なアルバイトがありますので、希望の求人を見つけたら検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

派遣とアルバイトの違いは?

派遣社員とアルバイトの違いは以下のような点が挙げられます。

 

雇用主の違い

派遣社員とアルバイトでは雇用主が違います。

派遣社員の雇用主は派遣会社となり、アルバイトの場合は勤務先が雇用主である事が通常です。

 

期間の制限の違い

アルバイトの場合には契約に期間の定めがない事が多いですが、派遣の場合には3か月程度の派遣期間があるのが普通で、また同じ派遣先企業の同じ組織で働ける期間は3年間が限度となっています。

 

時給

これはあくまで求人にもよりますが、どちらかと言えば派遣社員の方が時給が高いケースが多いです。

ただし派遣の場合には交通費が支給されない案件が多いので、トータルで判断をするようにしましょう。

 

交通費

上記でも挙げましたが派遣の場合には交通費が支給されない求人が殆どです。

アルバイトやパートでは交通費支給の求人も多くあります。

 

福利厚生

派遣社員の場合には、福利厚生は派遣会社の制度を利用できます。

一方でアルバイトの場合には健康診断等の福利厚生がない所も多いです。

 

勤務時間・シフト

これも会社にもよりますが、どちらかと言えば派遣社員の方が勤務時間やシフトの融通が利きやすいと言えるでしょう。

アルバイトでも会社によっては柔軟にシフトが組めますが、忙しいお店などでは中々自由が利かない事もあります。

 

派遣バイトとは?まとめ

派遣バイトについて幾つか挙げてみました。

最近ではこの派遣バイトという言葉が若者の間でよく使われるようです。

様々な用語や造語がありますが、意味を理解するのは難しいですね。

派遣バイトは1日単位でお仕事ができ、自分の都合に合わせて柔軟に働くことができます。

興味がある方は一度派遣バイトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回は派遣バイトとは?について挙げてみました。

スポンサーリンク