バイト面接でサンダルを履いていくのはNG?ヒールやスニーカーは?

今回はアルバイトの面接でサンダルを履いていくケースについて挙げてみたいと思います。

普段から履く靴として馴染みのあるサンダル。

ちょっとした外出時など、よくサンダルを利用しているという人も多いかと思います。

ですがアルバイト面接時にサンダルを履いていくのはどうでしょうか。

会社側からは「私服でどうぞ」等と面接前に案内を受けることもありますが、サンダルを履いていっても良いのかどうか迷う人もいるかもしれません。

今回はそんなバイト面接時のサンダルについて挙げてみます。

スポンサーリンク

バイト面接でサンダルを履いていくのはアリ?

バイト面接でサンダルを履いていっても良いものなのでしょうか。

一般的に言えば、やはりフォーマルが基本となる面接においてサンダルはNGと言えるでしょう。

 

靴とは言ってもそれは「身だしなみ」の1つであり、面接官は足元に注目がいく事もあります。

特に服装はきちんとしているのに、足元だけが汚れていたり手入れがされていない靴を履いている人はよく見かけます。

サンダル履きで面接に来ると、面接官によっては常識ややる気を疑われることもあるかもしれません。

逆に足元まで綺麗にしている人を見ると「よく気が付くしっかりした人」の印象を持たれる事もあります。

 

サンダルの他にも、面接時には以下のような靴は控えておくべきと言えます。

  • 派手すぎる靴
  • ハイヒール
  • 長靴
  • 汚れが目立つ靴
  • ブーツ

 

またサンダルと言っても一般的なサンダルからビーチサンダル・コンフォート・ストラップ付きやよく見かけるクロックスなど様々なタイプがあります。

ですが個人的には、面接においてやはりどのサンダルでも避けるべきと思います。

 

素材や形がどうか・ヒールが低いかどうかに関わらず、面接にサンダルで臨むことによって印象を悪くしてしまう可能性があります。

また実際に働いている時を想定しても、サンダル履きで勤務している人は少ないでしょう。

確かにアルバイトの面接では一般面接と比較して多少基準が緩やかな部分もありますが、サンダルでバイト面接に臨むのは控えておきましょう。

 

夏のバイト面接でサンダルを履いていくのは?

夏の暑い季節であれば面接にサンダルを履いていきたい人もいるのかもしれません。

ですが夏であっても、やはり面接にはきちんとした靴を履いていきましょう。

靴によって春夏シーズンの靴は通気性やデザインが考慮されているものもありますので、そのような靴を用意しても良いかと思います。

 

夏は気温が上がり蒸し暑くなりますので、面接時の服装ではできるだけ爽やかでさっぱりとした印象を与えられるようにしましょう。

中には洋服に汗ジミが出来てしまっている人や汗の匂いがする人もいますが、やはりこれも面接ではあまり望ましくありません。

また面接前にはタオル等を用意し汗を拭いて、きちんと身なりを整えた上で面接に臨むようにしたいですね。

 

バイト面接でヒールを履くのは?

バイト面接ではヒールの高い靴を履いてくる方もいます。

就活場面においても、ヒールのある靴を履く人の姿も目立ちます。

 

就活中などの方であれば、ヒールがあっても3~5㎝程度までが目安と言えるかと思います。

それ以上に高いヒールだと面接では不適切にも感じますし、見た目としても違和感を感じます。

また音がうるさいピンヒール等も面接では控えておくようにし、出来るだけ太めのヒールを選ぶようにしましょう。

 

できればヒールが高くないシンプルなパンプス等が良いかと思いますが、アルバイトの面接においてはヒールの高さにまではさほど注目されないケースも多いかと思います。

もちろんあまりにも高いヒールは控えるべきですが、常識の範囲内であれば問題ないでしょう。

靴の種類においても高校生であれば学校で履くローファー自分の革靴でも良いかと思います。

面接官がどのような印象を持つかをしっかりとイメージして、相応しいバイト面接時の靴を選ぶようにしたいですね。

関連記事:バイト面接でヒールの高い靴はNG?選び方も解説

 

バイト面接で高校生がスニーカーを履くのは?

バイト面接で高校生がスニーカーを履いてくるのはどうでしょうか。

面接官にも寄りますが、高校生がバイト面接でスニーカーを履いていくのは問題ないように思います。

もちろん汚れているスニーカー等は控えるべきですが、清潔感のあるものであればスニーカーで臨むのも良いでしょう。

 

特に肉体労働や清掃・接客販売など、体を動かすアルバイトであればスニーカーの方が仕事のイメージが付きやすい場合もあります。

スニーカーを選ぶ場合でも、シンプルで清潔感のあるものを選ぶようにしたいですね。

 

バイト面接でのサンダルまとめ

バイト面接でサンダルを履いていくケースについて挙げてみました。

アルバイト面接ではそこまで服装に厳しくない会社も多いですが、やはり面接というシーンにおいてはサンダルは控えておくべきと言えます。

中にはリラックスして面接に臨みたいからという意向もあるのかもしれませんが、やはりサンダルでの面接は不適切な印象があります。

自分が自信を持って面接に臨めるよう、あからじめ服装はしっかりと準備をしておきたいですね。

今回はバイト面接でのサンダルについて挙げてみました。

スポンサーリンク