女性は深夜バイトで働ける?おすすめの仕事は?夜勤の注意点も解説

今回は女性が深夜バイトをするケースについて挙げてみたいと思います。

女性の中でも深夜バイトをやりたいという方はいるかと思います。

昔と違い、特に最近では女性が深夜にアルバイトをしている姿を見かけることも多くなってきました。

深夜バイトは時給が高いなどのメリットもありますが、夜中だけに女性がバイトをする場合には注意点やデメリットが生じる場合もあります。

今回はそんな女性が深夜バイトをするケースについて挙げてみます。

スポンサーリンク

女性の深夜バイトの解禁

今の若い方々はあまりイメージが湧きにくいかもしれませんが、以前は女性の深夜のアルバイトは禁止でした。

具体的に言えば労働基準法という法律により、女性の休日労働や深夜労働が原則禁止の措置が取られていました。

ですが平成11年の4月に法律が改正されたことによりこれらの制限が撤廃になり、女性の方であっても男性と同様に深夜勤務をする事ができるようになりました。

もちろん妊産婦などに関する規制は幾つか残されていますが、その他の規制は概ね撤廃され男女平等の負担が求められていく事になります。

 

近年では深夜のお店などで女性の働く姿がちらほら見られるようになり、今後は女性の社会進出が一層進んでいくようにも思えます。

男女という性の垣根を考えず、より自分がやりたい仕事に挑戦しやすい時代になってきたとも言えるでしょう。

 

ですがそれは逆に言えば、男性と同等の労働を求められやすくなったとも言えます。

深夜のバイトにおいても、男性がやっているような肉体労働を任されたり、重い荷物を運ぶといった場合もあるかもしれません。

また深夜においては性犯罪やセクハラに巻き込まれる可能性もゼロとは言えないでしょう。

 

今後はお店の中でも深夜に女性が働くシーンを見かける事が増えてくるかもしれませんが、深夜にアルバイトをする上では自分自身でも常に危機意識を持つように注意をしたり、お店側が夜勤従事者に対して働く環境を配慮してあげる等、より安心して働ける職場が求められます。

 

女性が深夜バイトをするメリット・デメリット

女性が深夜バイトをやるメリット・デメリットにはどのような点が挙げられるでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

メリット

時給が高い

深夜バイトでは割増賃金となるため22時以降は時給が上がります。

たくさん稼ぎたいという女性には良いかもしれません。

 

副業として

本業を抱えている女性でも、ダブルワークとして深夜のお仕事をする人もいます。

身体に負担のかからない範囲で検討したい所です。

 

昼間働けない人にも

昼間外出ができない等、家庭の事情で日中に働けない人でも深夜バイトならできる事もあります。

介護や子供の面倒など、何かしらの事情を抱えた女性が夜に働く場合もあります。

 

楽なバイトも多い

一般的には深夜帯には来店客が少なくなる為、楽なバイトも多いです。

体力的に楽な仕事をしたい方が深夜バイトを選ぶ場合もあります。

 

日中の時間を有効に使える

深夜にバイトをする事で、昼間の時間を有効に使うことも考えられます。

例えば勉強や趣味・デートなど昼間やりたいことがある女性にも深夜バイトは検討できます。


 

デメリット

深夜の危険性

女性が深夜バイトをする時には危険が伴う場合もあります。

盗難や万引き・酔っ払いに絡まれるなど、深夜は人気が少ないだけに注意が必要です。

 

生活が昼夜逆転する

女性が深夜にアルバイトを始めると、生活が昼夜逆転してきます。

生活リズムが狂い、中には体調を崩してしまう女性もいます。

 

家庭との接点

例えば主婦の方の場合、夫が帰宅する時間にアルバイトをする事もあるかもしれません。

夜に出かけるという事は家庭との会話や接点が少なくなってしまう可能性もあります。

 

友人とスケジュールが合わない

友人が昼間に働いている場合、自分が深夜バイトを始めると友人とスケジュールが合わなくなる可能性があります。

遊びに行く機会が少なくなる等、周囲と接する機会が減ってしまうこともあります。

 

美容に悪い

一般的には夜遅くに起きている事は美容に悪いと言われているようです。

深夜バイトは身体に負担がかかりやすくなる為、適度な休息が必要です。

スポンサーリンク

女性が居酒屋の深夜バイトをするのは?

女性の中には居酒屋で深夜バイトをしたい方もいるかもしれません。

居酒屋バイトの場合はどちらかと言えば元気で活発な方が向いています。

特に接客が好きであったり明るい雰囲気が好きな方には良いかもしれません。

 

ただし酔っ払い客が多いのはもちろんですし、体力的にも割ときついバイトです。

店内を駆け回ることも多いですし、トレーやグラスを両手に持ちながら行き来することもしばしば。

また帰宅が0時前後になることもあり、終電ギリギリになる事もあります。

夜道も暗くなることが多いので、出来るだけ近場の居酒屋を選ぶというのも1つの方法です。

また居酒屋と言ってもお店ごとに客層が異なるので、女性が居酒屋バイトを始める場合には比較的落ち着いた雰囲気の居酒屋を選ぶことをお勧めします。

関連記事:バイトに受からない女性の問題点は?顔採用はある?落ちる理由も解説

 

女性がカラオケの深夜バイトをするのは?

深夜バイトの定番でもあるカラオケ。

居酒屋バイトと同様に、元気で明るい雰囲気の女性にも向いています。

カラオケ店の場合、昼間と深夜では仕事内容に大幅な違いはありません。

強いて言えば昼間は学生客や若年層が多いのに対し、深夜はサラリーマンやOLの姿が目立ちます。

 

また深夜帯はアルコールを飲むお客さんが多くなるので、時には酔っ払いに絡まれる事もあるかもしれません。

特に週末の深夜帯は忙しくなるカラオケ店が多いので、楽な方を選ぶのであれば平日の深夜をお勧めします。

またカラオケ店によっては従業員のエレベーター使用が禁止の店舗もあるので、女性が深夜バイトを始める際にはお店の選び方も大切です。

 

女性がコンビニで深夜バイトをするのは?

24時間営業のコンビニでも女性の深夜バイトを募集しています。

お店によっては夜の22時頃から始まり、朝方の6~7時頃までみっちりと働きます。

防犯上の問題もあり、女性がコンビニで深夜バイトをやる際には男性とペアを組むケースが多くなります。

 

また深夜には来店客は少なくなりますが、その分納品された商品の品出しや補充作業を中心に行うコンビニが多いでしょう。

例えば米飯やサンドイッチ・ドリンクや雑誌など、様々な納品が深夜帯に集中します。

また店内清掃やホットスナック什器の洗い物なども深夜に行うケースが多いので、接客以外の作業が多くなります。

 

最近ではコンビニでも人手不足が続いており、中には高時給で求人募集をかけている事もあります。

ですが上記の居酒屋やカラオケ店と比較すると深夜帯の従業員数が少ないため、女性が深夜バイトをする場合にはもし可能であれば警察署の近く駅近くのコンビニを選択した方が良いかもしれません。

関連記事:コンビニ夜勤で一人はきつい?違法性は?ワンオペの実態を解説

 

女性の深夜バイトのおすすめは?

女性におすすめの深夜バイトにはどのような仕事があるでしょうか。

上記の居酒屋・カラオケ・コンビニ以外の仕事を幾つか挙げてみます。

 

工場・倉庫

工場や倉庫によっては深夜も稼働している所もあります。

仕分け・ピッキングやライン作業などの職種で募集をしている事があります。

時給はさほど高くはありませんが、黙々と作業に打ち込みたい女性におすすめです。

関連記事:女性が工場の夜勤で働くのはどう?デメリットやおすすめの職種を解説

 

コールセンター

深夜にコールセンター?と思う方もいるかもしれませんが、センターによっては深夜も稼働しています。

例えばカード会社・携帯電話会社・自動車会社の事故受付・金融系(FXなど)のコールセンターが挙げられます。

元々の時給が良いので、深夜割増が付くと時給が2000円近くになるコールセンターもあります。

 

ファミレス

ファミレスでも深夜バイトを募集しています。

アルコールの取り扱いもありますが、客層としても比較的落ち着いた雰囲気のため、女性でもさほど危険性は少ないと言えるかもしれません。

ただし近年ではファミレスでも営業時間の縮小が目立ち、今後どのようになるかは不透明な部分もあります。

 

バー

お客さんとのお話をする事が好きな女性には、バーの深夜バイトもあります。

特にバーでは店員の雰囲気や性格によっても売り上げが大きく左右されるため、接客対応が好きな方にはおすすめです。

ただしお酒をメインで扱うので酔っ払いの対応をする事もあります。

 

女性の深夜バイトまとめ

女性の深夜バイトについて幾つか挙げてみました。

近年では女性も深夜バイトで働く姿が目立つようになってきました。

今後も仕事の多様化や女性の社会進出の影響により、様々なフィールドで活躍する女性も多くなってくるでしょう。

ですがトラブルや事故など、深夜バイトならではのリスクもありますので注意も必要です。

生活や身体に支障が出ない程度にお仕事に取り組んでいきたいですね。

 

また男性向けの夜バイトについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:男性向けの夜のバイト22選。怪しげな仕事も紹介

 

今回は女性の深夜バイトについて挙げてみました。

スポンサーリンク