お盆にバイトを休む理由は?長期休暇を取るコツも解説

今回はお盆にバイトを休む理由について挙げてみたいと思います。

先祖や亡くなった方の霊を祀る行事であるお盆。

盆入りである8/13あたりから盆明けの8/16あたりまでお休みを取る方も多いかと思います。

ですがアルバイトの場合、お店によっては簡単に休みの許可が降りない事も。

お盆にバイトを休むためにはどのような理由が考えられるでしょうか。

スポンサーリンク

お盆にバイトを休む理由は?

お盆にバイトを休む理由はどのような事が挙げられるでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

お墓参りに行く

お盆時期にはお墓参りに行く人も多いかと思います。

先祖に手を合わせ故人にしっかりと挨拶をしておきます。

お盆にお墓参りに行くことは普通なので、バイトを休む理由になるでしょう。

 

実家へ戻る

お盆には実家へ戻る人も多いはずです。

親や兄弟に会いに行き、元気な顔を見せたり親孝行をするのも良いでしょう。

実家が離れている人はバイトを休む理由にもなります。

 

旅行に行く

お盆休みを利用して旅行に行く人もいるかと思います。

特に数日間のまとまったバイト休みが欲しい時に使える理由です。

避暑地に行くなど、旅行先のことなどもある程度把握しておきたいですね。

 

勉強・講習

高校生や大学生は8月中旬はまだ夏休み期間中かと思います。

夏期講習ややり残した宿題・テスト期間など、勉強に打ち込まなければならない事もあるでしょう。

勉強を理由にお盆期間中にバイトを休むケースも考えられます。

 

合宿

クラブやゼミの合宿など、夏の期間に合宿を始める所もあります。

特にお盆期間中に数日間の休みを取る時には、合宿で休む人もいます。

 

お盆休みが欲しい

お盆に休みを取りたいのであれば、単純に「お盆休みが欲しい」と伝えてみるのも良いでしょう。

事前に申請をしておいて普段からバイトを頑張っている人であれば、許可してくれる事も多いと思います。

早めに申請をしておくのが良いですね。

 

お盆にバイトを休むコツは?

お盆にバイトを休むコツにはどのような点が挙げられるでしょうか。

 

早めに申請する

当たり前の事かもしれませんが、お盆休みのように長期休暇を取る際には早めにバイト先に申請をしておく事が大切です。

前日になって言われても、バイト先の店長さんもシフト調整に対応できないかもしれません。

お盆にバイトを休みたいのであれば、早めに伝えておきましょう。

 

代わりの人員を見つける

お盆にバイトを休むとしても、代わりの人員を見つけておけば申請しやすくなる事もあります。

あなたがバイトを休むと、当然にお店側はその穴埋め人員を探さなくてはなりません。

そのためあなたの代わりになる人員をあらかじめ手配しておくと、休みを取りやすくなるでしょう。

 

条件を提示する

他の代替案などを伝えてみるのも良いかもしれません。

例えば「お盆は休ませてもらいますが、〇月〇日~△月△日の間は曜日を問わず出勤できます」など、お店側が承諾しやすい理由を考えてみるのも良いでしょう。

お店側にメリットとなるような案を考えておきたいですね。

 

良好な関係

お盆のように長期の休みを取る場合、普段からの人間関係や付き合いがモノを言う場合もあります。

例えば日頃から他スタッフの休みにシフトを代わってあげたり、上司との関係を良好に保っておく等、普段の付き合い方も大切です。

 

長期休暇が取りやすい仕事

そもそもの話になってしまいますが、バイトを選ぶ際には休暇が取りやすいかどうかも考慮しておいた方が良いでしょう。

例えばお盆であっても軽作業やコールセンター等のバイトは休みが取りやすいのに対し、個人の飲食店や商業施設内の店舗などは忙しくなる事もあります。

あらかじめ休暇の事も見越してバイトを選ぶという考え方もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

一週間前に伝えるバイトを休む理由は?

一週間前に休むと伝えるとなると、あらかじめ予定や日程が決まっているケースが多いかと思います。

一週間前にバイト先に伝える場合、例えば以下のような理由が考えられます。

  • 親戚の結婚式
  • 法事がある
  • 旅行に行く
  • イベントがある
  • 講習がある
  • 会社の説明会がある
  • 通院する事になった
  • 学校行事の準備(体育祭・文化祭・教育実習など)
  • 子供の学校行事(パート)
  • 家の事情(介護など)
  • 私用のため etc…

 

ただしどのような理由にしても、一週間前だと少し急かなという印象もあります。

1日程度の休みならまだしも、長期休暇を取るとなるとせめて2~3週間程度前には伝えておきたい所です。

管理者としてはシフトの調整もし直さなくてはなりませんし、他の人員を見つける必要もあります。

一週間前に限らず、休む日程が決まっている場合には早めに申請をしておくようにしたいですね。

 

バイトを休む理由が私用ではダメ?

バイトを休む理由として「私用」と告げる人もいるかと思います。

確かに上記で挙げたような言い訳を言うよりも、正直に「私用」と言ったほうが伝えやすい人もいるかと思いますし、後々にトラブルに発展することも少ないのかもしれません。

また実際には休む理由をそれほど深く追求される事も少ないですし、そもそも有給を消化するのであれば休む理由を伝える必要もありません。

私用かどうかに関わらず、お互いが承諾をしていれば問題は起こらないでしょう。

 

ですが会社によっては何らかの就業規則や職場ルールが定められている場合もありますので、やはり早めに相談をしておく事が大切です。

バイトを休みたい場合には、あらかじめ余裕を持って申請をしておくようにしたいですね。

 

お盆にバイトを休む理由まとめ

お盆にバイトを休む理由について幾つか挙げてみました。

お盆期間中には帰省をしたりお墓参りをする等、バイトの休みを取りたい人も多いかと思います。

ですがバイト先の中にはお盆に忙しいお店もあり、「店長が休みを許可してくれない」といったケースもあるようです。

長期休暇を取る場合には事前に相談をしておき、お互いの事情を配慮して休暇を取得するようにしましょう。

今回はお盆にバイトを休む理由について挙げてみました。

スポンサーリンク