オープニングスタッフのきつい所は?早い者勝ちって本当?

今回はオープニングスタッフのきつい点について挙げてみたいと思います。

店舗などが新しく開業される際、新規として新たに雇用されるオープニングスタッフ。

全員が同じ立場からスタートするため、上下関係もなく始めやすいので人気もあります。

ですがオープニングスタッフとして働き始めても、きつくなってすぐに辞めてしまう人も。

今回はそんなオープニングスタッフのきつい点を挙げてみます。

スポンサーリンク

オープニングスタッフのきつい所は?

オープニングスタッフのきつい点にはどのような事が挙げられるでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

オープン時は忙しい

お店によっても異なりますが、オープン当初はかなり忙しい店舗も多いです。

オープンセールを行っている所もあり、開店前には行列ができる事もあります。

そのためオープン時は常に小走りで行動するなど、テキパキとした作業が求められきつい所でもあります。

 

頼れる先輩がいない

オープニングスタッフでは事前に研修も行われますが、それでも作業上では分からない所がたくさん出てきます。

頼れる先輩がいれば良いですが、オープニングスタッフの場合には上司の数が少ないケースもあります。

上司に質問できない状態の場合には自分で判断して処理をしなければならず、混乱してしまう事もあります。

 

研修内容が濃い

オープニングスタッフの場合、新規という事もあり研修内容が充実しています。

また後から入社してくる後輩の手本にもなるスタッフのため、多くの事を覚えなければなりません。

研修内容がきつく、中には付いていけない人もおり、途中で辞めてしまう人もいます。

 

トラブルの対処に困る

オープニングスタッフでは管理者を除き、全員が新人です。

そのためトラブルが起きた際にもどのように対処をして良いのかが分かりません。

そのため1つのトラブルから大きな苦情に発展してしまう可能性もあります。

 

別店舗に研修に行かされる

オープニングスタッフの場合、開店前に別店舗に研修に行かされる場合もあります。

既存スタッフの働きぶりを見たり、実際のオペレーションを見て学ぶためです。

ですが別店舗の場所が自宅からあまりにも遠かったり、交通費が支給されないときついと感じることもあるでしょう。

 

仕事に差が出やすい

オープニングスタッフは全員が同じスタートラインから始めます。

ですがオープンから1~2か月経過すると、同じアルバイトさんでも人によって仕事が出来る・出来ないがはっきりと出てきます。

本人のやる気の問題もあるのかもしれませんが、元々の習熟スピードや仕事センスの差が出やすいと言えるのかもしれません。

全員が同じ条件で始めるので、人と比較されやすいのもオープニングスタッフのきつい所でしょう。

 

実際の勤務まで期間が空くことも

オープンする店舗の内装や工事の状況が遅れている場合、オープン日時が多少ずれ込む可能性はあります。

また店舗内装は完了していても、商品の搬入が遅れている場合や必要人員が揃わないような場合にもオープン日がズレる可能性はあります。

既に準備ができている従業員としてはきつい所です。

 

採否が出るまで時間がかかる

オープニングスタッフの場合、大量に人を雇うケースが多いです。

そのため集団面接を行ったり、面接日を何回かに分けて実施する場合もあります。

人数が多いため選考に時間がかかる等、面接結果が出るまで時間がかかる場合があります。

 

離職率が高い

オープニングスタッフの場合、開店から数か月で辞める人も多いです。

全員が同時にスタートできるのは利点ですが、やはり人間関係が合わなかったり仕事が忙しい等の理由で、退職をする人もいます。

離職率が高くきついのもオープニングスタッフのデメリットと言えるでしょう。

 

思うようにシフトに入れない

上記でも挙げたように、オープニング時は人を多めに採用します。

ですが開店から時間が経ちお店が落ち着いてくると、今度は逆に人手が多すぎるといった事も起こり得ます。

その場合、シフトを削られたり自分の思うようなシフトに入れないといった事態もあるでしょう。

自分の希望する金額を稼ぐことも出来ず、きついと感じる事もあります。

スポンサーリンク

オープニングスタッフは集団面接?

オープンニングスタッフの場合には、1対1の個人面接の場合もあれば、集団面接の場合もあります。

特に募集人数が多くなりやすいオープニングスタッフにおいては、集団面接が行われる機会も多くなります。

また集団面接であっても、応募者を一度に集めて説明会を行うようなケースもあれば、店舗内で数名ずつ一緒に面接を行う合同面接があったりと様々です。

 

一般的な1対1の面接と異なり、集団面接の場合には以下のようなメリット・デメリットがあります。

集団面接のメリット

  • 人数が複数のため、気持ちにゆとりが持てる
  • 前の人の回答を参考に答えることができる
  • 複数人いるため、1人あたりの質問時間が短くなりやすい
  • 特定の応募者にだけ突っ込んだ質問をされるケースが少ない

 

集団面接のデメリット

  • 前の人が良い回答をするとプレッシャーがかかる
  • 他の応募者と比較されやすい
  • 長々と自分をPRしにくい(他の人の時間配分もあるため)
  • 応募者間で発言に駆け引きが生じる場合がある
  • 席の並び順によって有利・不利が生じる場合がある
  • 他の応募者の発言との重複を気にしてしまう
  • 他の応募者の発言に引っ張られやすい
  • 1対1よりも面接に集中しにくい

 

上記のように集団面接にも幾つかのメリット・デメリットがあります。

応募者が複数人いるため、第一印象も比較されやすいですし、服装を始めとした身だしなみにも気を配りたい所です。

また集団面接においては、自分が発言する内容だけでなく、他者が話している時の聞く態度もチェックされます。

 

他者と発言が重複する事は問題ありませんが、集団面接では複数人の応募者がいるため、周囲への気配りができるかどうかもポイントに繋がる場合があります。

周囲の発言に流されることなく、集団面接でも自分の主張をしっかりとアピールしておきたいですね。

 

オープニングスタッフは採用されやすい?

オープニングスタッフの採用率は高めです。

会社や店舗によっても異なるので採用率〇%という言い方はできませんが、オープニングは一般入社よりも採用率が高い傾向があります。

 

理由としては、オープニングスタッフは数か月で辞める人もいるため、あらかじめ離職率の高さを見越して多めに採用している事が挙げられます。

またオープン当初は忙しく人手が必要であり、また開店時にお休みなどの欠員が出ると困るため人数を多く採用している部分もあるのでしょう。

そのためどうしても採用して欲しい方は、オープニングスタッフのアルバイトに応募しても良いかもしれませんね。

 

ですが採用率が高いだけに、オープニングスタッフは大変な事が多いのも事実です。

一からのお店作りに携わっていく事になるため、責任感を持って立ち上げのメンバーに加わりたいですね。

 

オープニングスタッフは早い者勝ちって本当?

オープニングスタッフは早い者勝ちという噂を聞くことがあります。

確かに受付した順にその都度採用をしていくケースもあるかもしれませんが、多くの場合はそうではありません。

基本的にオープニングの場合には、一定期間内で応募者との面接をしてから採否を決める場合が多いので、早い者勝ちで採用が決まっていくケースは少ないでしょう。

 

ですが面接官の立場からすると、どちらかと言えば早く応募してきた人のほうが意欲を感じる場合もありますし、最初の頃に面接をした人のほうが印象に残りやすい場合もあります。

また応募状況によっては途中で募集を打ち切るケースもあり得るので、応募するのであれば早めに応募しておいた方が賢明かと思います。

特に未経験者など自分のスキルに自信がない方であれば、なおさら早めの行動が吉と言えるのかもしれませんね。

 

オープニングスタッフのきつい所まとめ

オープニングスタッフのきつい所について幾つか挙げてみました。

オープニングスタッフは新規メンバーという事もあり、きつい点も幾つかあります。

ですがお店の立ち上げに一から携われる事や、たくさんの新しい仲間ができる事は魅力です。

興味がある方は一度挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はオープニングスタッフのきつい点について挙げてみました。

スポンサーリンク