バイトの面接が怖い?不安を解消する6つの対策

今回はバイト面接が怖いケースについて挙げてみたいと思います。

アルバイトを始める前に必ずと言ってよいほど実施されるのが面接。

面接ではどんな質問をされるのか分からないし緊張しますね。

中にはバイト面接前に怖くなってしまい、行きづらくなってしまう人もいるようです。

今回はそんなバイト面接が怖い場合について挙げてみます。

スポンサーリンク

バイトの面接が怖い?

アルバイトの面接が怖いと感じる人には、どのような理由が挙げられるでしょうか。

幾つか理由を挙げてみます。

  • 面接でどんな質問をされるか分からないから怖い
  • また落とされるのでは…という不安
  • 年上の大人と話すのが苦手
  • どんな人が面接官にあたるか分からない不安
  • 面接中にどのような話をすれば良いのか分からない
  • どんな人達が働いているか分からないから怖い
  • 仕事の面接を経験するのが初めてで怖い(高校生など)
  • 内緒でバイトをするので親や学校にバレないか不安
  • 身だしなみ(髪型や服装など)を注意されないか怖い
  • バイト面接で簡単なテストがある
  • 履歴書の書き方が合っているのかどうか分からない
  • 面接場所に店舗以外の場所を指定された(喫茶店・駐車場など)
  • 理由は分からないけどとにかく緊張する

上記のようにバイトの面接が怖いと感じる理由は人それぞれです。

 

ですがやはり多くの会社では入社前に面接を実施しており、基本的には面接を受けなければアルバイトをする事はできません。

不安に感じる事も多いかと思いますが、面接に向けて自分なりの対策をして臨むことが必要になってきます。

 

バイト面接が怖い人の対策は?

バイト面接が怖いという人には、どのような対策が考えられるでしょうか。

バイト面接が怖いと感じる人の場合、最初から全てを完璧にこなそうとするとプレッシャーがかかり緊張してしまうので、基本的なことをしっかりと出来るように心掛けることが大切です。

 

実際として、アルバイト面接ではそこまで高度な事が要求される事はありません。

最低限として、バイト面接では以下の6つの事ができるように意識しましょう。

 

履歴書をしっかりと作成する

人物だけでなく、履歴書もあなたを判断する材料の1つです。

誤字脱字に注意をしたり空欄がないようにする等、履歴書をしっかりと作成していくようにしましょう。

 

時間を厳守

面接の場である以上、遅刻をするのはNGです。

面接に遅刻をしてくるだけでマイナスな印象を持たれてしまう場合もありますし、入社後の勤怠にも不安が残ります。

事前に準備をしっかりとして面接時間に遅れないようにしましょう。

関連記事:バイトの面接時間を忘れた場合の確認方法は?電話やメール例も解説

 

身だしなみを整える

人の第一印象は身だしなみで決まる事もあります。

特に接客業のバイトなど、身だしなみも面接ではよくチェックされます。

面接に相応しい身だしなみが出来ているかどうかよく確認をしてから臨むようにしましょう。

 

ハキハキと話す

アルバイトをする上では、きちんとコミュニケーションが取れる人かどうかという点も見られます。

質問された事に対し、ハキハキと丁寧に答えられるようにしましょう。

 

仕事への熱意

面接では志望動機を聞かれることもあります。

あなたなりにその仕事がしたいと思ったきっかけや動機があるはずです。

その仕事への熱意ややる気を面接官にもアピールするようにしましょう。

 

適度な笑顔

面接においても笑顔は大切です。

特に適度な笑顔は人に対して安心感を与えます。

面接では緊張していて中々難しいかもしれませんが、出来るだけ笑顔で対応するようにしたいですね。

 

実際として、どんなに優秀な人であってもバイト面接に落ちることはあります。

面接では仕事ができるかどうかだけでなく、シフト条件や面接官との相性・自宅からの距離など、様々な事が影響して採否が決まる事もあるからです。

上記の6つのような事ができている人であれば、あきらめずに面接を受け続ければいつかは必ず受かります。

 

またどのような職場か不安という人は、面接前に下見に行ってみるのも良いかもしれませんね。

面接に落ちてしまっても落ち込まず、次のお仕事に積極的にチャレンジするようにしましょう。

スポンサーリンク

ニートでバイト面接が怖い?

ニートだった人が、何かのきっかけでアルバイトを始めるケースもあります。

ですが今まで働いていなかったニートの人がバイトを始める際にも、以下のように「怖い」と感じるケースがあるようです。

  • 周囲とコミュニケーションが取れるか分からない怖さ
  • 面接で「ニート期間」をどう判断されるのか不安
  • 仕事へのブランクが長すぎる怖さ
  • 何をすれば良いかわからない将来への不安
  • 自分の世界観・考え方が周囲に受け入れられるかどうか
  • バイト先の人と年齢・年代が合わないかもという不安

 

ですがバイト先の周囲の人間は、あなたがニートであったかどうかという事はさほど気にしません。

きちんと仕事に向き合えるかどうか・ポジティブな姿勢で仕事に取り組めるかどうかが大切です。

今までニートだったとしても、アルバイトを始める事は絶好の社会復帰のタイミングにもなりますので、少しでも興味のある仕事があれば積極的にチャレンジしてみましょう。

最初から長期アルバイトをするのが怖いという事であれば、まずは短期バイトや深夜・早朝のアルバイト・ボランティア活動等でも構わないと思います。

とにかく自らの力で前向きに行動を始めるようにしましょう。

 

またニートの人の場合、今まで仕事をしていなかった期間が長い分、企業に対してより積極的な姿勢をアピールする必要があります。

そのため面接前にはその会社の事をきちんと調べたり、面接で質問される内容を考えて回答を準備する・自分の志望動機を再確認するなど、面接対策をしっかりと行っておくようにしましょう。

他に仕事をしていない方であれば、その分シフトを柔軟に組めることも自分のアピールポイントになります。

また普段から外出をせず身だしなみにあまり気を使っていなかった方は、面接前に改めて鏡を見て服装・髪型などをチェックするようにしたいですね。

 

バイト面接の電話が怖い?

バイトに応募する時の電話が怖いという方もいるかと思います。

特にアルバイトが初めてという方は、バイト面接に応募する時の電話が怖いと感じる方もいる事でしょう。

 

ですがバイト応募時の電話のトークは、基本的には以下の4つだけです。

  • 担当者がいる場合→バイトに応募したい旨を伝える
  • 担当者が不在→後ほど電話を改める
  • 担当者が不在(戻り時間がわかる場合)→その時間に電話を改める
  • 留守電の場合→メッセージを残す

 

担当者がいる場合

「あなた:お忙しいところ恐れ入ります。

私○○(名前)と申します。△△(求人誌名)でアルバイトの募集を見てお電話いたしました。アルバイトはまだ募集していらっしゃいますか?」

(以下省略)

 

担当者が不在の場合

「わかりました。ではお電話を改めさせていただきたいのですが、何時頃が宜しいでしょうか?」

 

戻り時間がわかる場合

「では、〇時にお電話をあらためます。ありがとうございました。失礼いたします」

 

留守電の場合

「△△で求人を拝見し、アルバイト応募のお電話をいたしました○○と申します。後ほど改めてご連絡させて頂きます。失礼いたします」

 

またバイトに電話で応募する際には、以下の点にも注意をしておきましょう。

  • 募集広告を手元に置いておく
  • 筆記具・メモ帳を準備しておく
  • 担当者の名前を確認しておく
  • 質問内容をまとめておく
  • 電話をする時間帯・曜日に気を付ける
  • 丁寧にゆっくり話す

 

バイト面接で応募する時の電話が怖いと感じる人もいますが、上記のように事前に準備をしておけばさほど不安を感じることはありません。

電話というのは応募者の印象を左右する場合もありますので、丁寧に接する意識を持って対応するようにしたいですね。

 

バイトの面接が怖いまとめ

バイトの面接が怖いケースについて幾つか挙げてみました。

確かにバイト面接では、人によって不安を感じたり怖いと感じることもあるかと思います。

ですが初めての場では誰もが緊張するものです。

事前の準備をしっかりとして、好印象を抱いてもらえるような面接にしたいですね。

今回はバイトの面接が怖い場合について挙げてみました。

スポンサーリンク