バイトが憂鬱で行きたくない?その原因と10の対処法とは

今回はバイトが憂鬱で行きたくないケースについて挙げてみたいと思います。

バイト前や前日など、憂鬱になって職場に行きたくないケースは誰にでもあるかと思います。

できれば思い切って休んでしまいたいものの、仕事のため簡単には休めない事もあるでしょう。

バイトが憂鬱になってしまう原因や解決策にはどのような事があるでしょうか。

今回はそんなバイトが憂鬱な場合について挙げてみます。

スポンサーリンク

バイトが憂鬱で行きたくない?

バイトが憂鬱で行きたくないと感じる理由にはどのような事があるでしょうか。

憂鬱になりやすい原因を幾つか挙げてみます。

  • バイト先の人間関係に馴染めない憂鬱
  • 職場が忙しすぎる
  • 体調不良(風邪・ケガなど)
  • 店長が嫌い
  • 仕事が覚えられず憂鬱
  • 暇すぎて時間が経つのが遅い
  • ミスをして怒られるかもという憂鬱
  • 時給が低くてやる気が出ない
  • 長期休暇明けだから(夏休みなど)
  • シフトを無理に増やされた
  • 勤務地が遠い
  • 辞めたいのに辞めさせてもらえない
  • モチベーションが上がらない
  • 雨が降っているので行くのが憂鬱
  • 仕事に飽きた
  • うつ病の気がある
  • 特別な理由はないのになぜか憂鬱

 

上記のようにバイトが憂鬱になってしまう理由は人それぞれかと思います。

憂鬱すぎてバイトを辞めたいと考える人もいますが、中々気持ちの踏ん切りが付かない事も。

最終的に退職を検討したとしてもバイト先によっては簡単に辞めさせてもらえない場合もあり、自分では対処ができなくなってしまうケースもあるようです。

 

バイトに行く前が憂鬱?

バイトに行く前、なぜか憂鬱に感じてしまう事はあるかと思います。

上記のようにバイトに行きたくない理由がはっきりしている場合もありますし、特別な理由はないのになぜかバイトに行きたくないケースもあるでしょう。

バイトの開始時間を考えるだけで、「あと〇時間たつとバイトが始まる…」とズーンと気持ちが重くなり憂鬱になる事もあります。

 

また人によっては、バイトの前日から眠れなくなる人もいますし、バイト当日に腹痛になってしまう人もいます。

シフトが発表されてからバイトの日までが憂鬱に感じて、いつも気持ちが晴れない状態の人もいるようです。

バイトに「行く前」が憂鬱なだけで、実際に職場に到着してしまえば何ともないという人も多いのですが、その職場に行くまでが憂鬱で仕方ないんですね。

関連記事:バイト前が眠い?眠気覚ましになる10の対処法

 

またバイト先でミスをしたり怒られたり嫌な思いをすると、それがいつまでも頭の片隅に残っていることがあります。

そういう事が重なると職場が嫌な場所に思えてきて、段々とバイト先から足が遠のいてしまうケースもあるでしょう。

「同じミスをするんじゃないか…」「また怒られるんじゃないか…」など、今後の不安が大きくなってしまいバイトに行きたくないという人もいます。

バイトに行くのが憂鬱になってしまった場合には、自分なりの解決方法を考えて対処していく必要があります。

スポンサーリンク

バイトが憂鬱な場合の対策は?

バイトが憂鬱に感じる場合、どのように気持ちを切り替えれば良いでしょうか。

ここではバイトに行きたくない場合の対処法について挙げてみます。

 

憂鬱な原因を取り除く

バイトが憂鬱に感じるけどその原因が分からないという人は、まずその理由をはっきりとさせましょう。

原因を取り除くことで気持ちがスッキリする場合もあります。

自分がバイト先に対して憂鬱な原因をメモ等に書き出してみるのも有効です。

 

お金に換算する

アルバイトをする多くの人の目的はお金だと思います。

バイトを憂鬱と捉えるのではなく、単純にお金目的と割り切ってしまうのも1つの方法です。

例えば「今日は5時間働いたから6000円稼げた」「あと2時間乗り切れば4000円になる」など、時間をお金に換えているという事を実感するのも方法です。

 

期限を決める

憂鬱な場合でも、人はゴールが見えると気持ちが楽になることがあります。

もし辞めるタイミングが決まっているのであれば、その期限を意識することで頑張れることもある筈です。

「3月になったら辞められる」「あと1か月だけ頑張ってみよう」など、期限を設定することで自分の気持ちを奮い立たせることが出来ます。

 

一日のご褒美を与える

バイトが憂鬱な場合、1日の終わりのご褒美を自分に与えてあげるのも良いでしょう。

ご褒美とは言っても大げさなものでなく、ちょっとした事でも構わないと思います。

例えば「バイト帰りに好きなスイーツを買っていこう」「バイトを頑張ったから今日は好きな食事をしよう」など、バイトをひと踏ん張りできるようなご褒美を与えてあげると良いかと思います。

 

ゲーム感覚を取り入れる

バイトが憂鬱な場合、仕事にゲーム感覚を取り入れてみるという方法もあるかもしれません。

もちろん仕事内容が疎かになってはいけませんが、自分の気持ちの中でゲーム意識を取り入れることで作業が楽しく感じられる事もあります。

 

バイト先の改善点を見つける

バイトが憂鬱に感じる場合、その仕事に興味を感じていないのかもしれません。

特にバイトで長く働いていると、毎日変わらない職場の光景にうんざりする事もあります。

ですが自分なりに職場の改善点を見つけたり、効率の良い作業方法を考えるなど、仕事をしやすくする工夫をしてみるのも良いかと思います。

 

早めに家を出る

バイトが憂鬱な人の場合、職場に行きたくないためにギリギリまで自宅に閉じこもっている事があります。

ですがそんな時は早めに家を出てしまうのも1つの方法です。

少しゆとりを持って出発することで、バイト先に前向きに向かえることもあります。

 

音楽を聴く

バイト先に行くのが面倒な人は、音楽を聴くのも良いでしょう。

好きな音楽を聴くことは気持ちをリラックスさせてくれます。

できるだけ気持ちをリフレッシュした状態で仕事に臨みたいですね。

 

目標を思い返す

あなたが初めてバイトに入社した際、何かしらの目標があった人もいるかと思います。

「貯金をして○○円貯めたい」「お金を貯めてバイクを買いたい」など、目標や夢があった人もいるでしょう。

バイトが憂鬱になってくると当初の目標もぼやけてきます。

初心にかえる意味でも、入社した当時の気持ちを改めて思い返してみるのも良いかと思います。

 

同僚と仲良くする

バイトが憂鬱に感じたりストレスを感じるのは、多くは人間関係が影響している事が多いです。

先輩や後輩との付き合い・店長とそりが合わないなど、人間関係が上手くいっていないとバイトに行きたくなくなります。

快適に働くためにも、まずは周囲との人間関係から見直してみるのも有効です。

 

バイトって憂鬱なもの?

バイトが憂鬱に感じる人は多くいます。

アルバイトというのはそもそも憂鬱なものなのでしょうか。

 

例えば自分の好きなことや趣味に没頭している時間は、憂鬱やストレスを感じない筈です。

一方でバイトというのは、必ずしも自分が好きなことをやれる訳ではありませんし、気の合う人とばかり付き合える訳でもありません。

自分が体を動かしたくない時でさえ決められたシフトに従わなければいけないので、出勤するのが苦痛に感じることもあります。

 

またバイトというのは「頑張らないといけない場所」というイメージを持つ人も多いかと思います。

ですが人間は自分の楽しいことは積極的にやりますが、無理にやらされる事は好きではありません。

本音としてはやりたくない事な訳ですから、バイトが憂鬱に感じてしまうのは自然な事なのかもしれません。

 

ですがもしバイトを続けたいと思うのであれば、やはり自分なりのバイトの楽しみ方や気持ちの整理方法を見つけることが大切です。

面白くないと感じるバイトであっても、考え方を変えてみたり捉え方を変えることでイメージが変わる事もあります。

出来るだけバイトに前向きになれるような、自分なりのきっかけを見つけるようにしましょう。

少しでもバイトに興味を持てるように、ポジティブな発想でバイトをしていきたいですね。

今回はバイトが憂鬱なケースについて挙げてみました。

スポンサーリンク