彼氏がバイトで結婚が不安?後悔しないためのポイントとは

彼氏がバイトで結婚が不安?後悔しないためのポイントとは

今回は結婚をする彼氏の職業がバイトのケースについて挙げてみたいと思います。

恋人同士であれば、いつかは考えておきたい結婚。

特に年齢を重ねてくると、結婚を意識してくる人も多いのではないでしょうか。

ですが結婚をしたいのに、中には彼氏がバイトから抜け出せないでいる人もいます。

結婚をする彼氏の仕事がバイトでも問題はないのでしょうか。

スポンサーリンク

彼氏がバイトで結婚が不安?

結婚をしたいけれど、彼氏がバイトしかしていないので不安を感じているという女性はいます。

原因はやはり収入面・雇用の安定です。

結婚をするとなれば家族の生活費もかかってきますし、子供や老後を考えれば必要とされる金額も多額になります。

まして40~50代の中高年になっても、彼氏がアルバイトとして会社に雇用してもらえるという保障はどこにもありません。

 

総務省の「家計調査(二人以上の世帯)2019年7月分」を参考にすると、消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 288,026円となっているようです。

参考:「家計調査(二人以上の世帯)2019年7月分(2019年9月6公表)」

288026円×12か月(1年間)にすると約345万円の金額が必要という事になります。

サラリーマンの平均年収(432万円)からすればさほど高い金額には感じないかもしれませんが、結婚後に彼氏がアルバイトだけでこの金額を稼ごうとするとかなり厳しい数字と言えます。

 

また内閣府の「結婚生活をスタートさせるにあたって必要だと思う夫婦の年収(税込み)」のアンケートでは、全体の平均で490.3万円となっており、結婚生活に向けて多くのお金を準備しておく必要があると考えられているようです。

参考:平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書

この金額をベースとして考えると夫が正社員であっても不足が出る場合があり、女性も共働きとして収入を得る必要性が出てくる可能性があると考えられます。

もちろん彼氏がバイトの場合、よほど高収入の職種でなければ一人で490.3万円の年収を稼ぐのはほぼ困難と言えるでしょう。

 

また結婚後も彼氏がバイトの場合には女性が共働きをするケースが考えられますが、その場合には家事なども分担して行わなければなりませんし、子供ができた時の育児への不安も残ります。

共働きの場合には全体の支出が増える可能性もありますし、課せられる税金が増えることもあります。

時にはお互いが働いている事からすれ違いが多くなり、ストレスが溜まる事もあるでしょう。

彼氏がバイトである事が決して悪い訳ではありませんが、やはり収入面・雇用面の不安はつきまといやすいと言えるのかもしれません。

 

彼氏がバイトで結婚をする問題点

彼氏がバイトで結婚をする場合、どのような問題が生じる可能性があるのでしょうか。

想定される問題を幾つか挙げてみます。

 

収入面の不安

上記でも挙げたように、彼氏がバイトのままだと結婚をしても収入面に不安が残ります。

必要に応じて女性も共働きをする必要があり、雇用面の不安だけでなく家庭内の家事・育児の分担なども考える必要があります。

 

解雇の可能性

アルバイトのような非正規の場合、やはり正規雇用と比較すると雇用面の不安があります。

会社の経営状況によってはいつクビになるかも分かりませんし、シフトを削られる可能性もあります。

いつ収入が途絶えてもおかしくはない状況であると言えるでしょう。

 

不仲

収入が全てではありませんが、やはり金銭的な不安があるとお互いの不仲に繋がる場合があります。

お互いに時間が取れない・買いたい物が買えない・育児や家事の不満など、お互いの関係に亀裂が生じる可能性があります。

 

貯金ができない

彼氏がバイトで結婚をするとなると、生活費だけを賄っていくだけで精一杯となる事が多いように思います。

そのため子供の教育資金や老後資金を貯めることが難しく、将来設計が思うように立たない事もあるかもしれません。

 

親の反対

彼氏がバイトの場合、結婚に反対する親もいるかと思います。

アルバイトが悪い訳ではありませんが、やはり自分の娘と結婚をする男性がバイトというのは印象は良くありません。

特に中高年世代の方であれば非正規に対してのイメージは悪い場合が多く、結婚を説得するのに苦労する事もあるでしょう。

 

頼られてしまう

バイトの彼氏でも結婚を決意するとなると「正社員の仕事を見つけよう」と気持ちを固める人も多いはずです。

ですが万が一彼氏が無責任な人物であれば、結婚後にもろくに仕事をせずにあなたの収入を頼りにしてくるケースも考えられます。

次第にあなたの負担が大きくなってしまい、最終的には離婚に繋がってしまう恐れもあります。

スポンサーリンク

結婚する彼氏が正社員なら安心?

上記で挙げてきたように彼氏がバイトの場合、結婚に対して積極的に考えられない女性も多いかと思います。

それでは彼氏が正社員であれば安泰なのでしょうか。

 

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、2017年の男性の平均勤続年数は14年だそうです。

14年と言うと長く感じますし、もちろん中には20~30年と勤務している人もいます。

夫が安定して長く働いてくれれば、とりあえずは安心という女性も多い事でしょう。

 

ですが実際には、1つの会社で10年以上働ける人は意外に少ないように思います。

今の時代、正社員でさえもいつリストラに遭うかも分かりませんし、大企業であってもそれは同様です。

実際に今まで一部上場企業に勤めていたのに、あるきっかけで職を失って一気に転落する人もいます。

まして今後は機械化・自動化とも言われる時代。人の手による作業は減っていき、どの企業でも人員の削減を進めていく事でしょう。

正規雇用=安定という時代は終わり、正社員だから安心して結婚できるという考え方は少し安易すぎるのかもしれません。

 

もちろんだからと言ってバイトが良いとは言えませんが、今では働き方も多様化しています。

副業やダブルワークをする人もいますし、地方等でミニマムにお金を使わない生活を送る人もいます。

それこそ自宅でちょっとした起業をする事もできる時代ですし、幸せの感じ方は人それぞれかと思います。

正社員かどうかという枠組みで考えるのではなく、その夫婦なりの充実した生活を考えていく事も必要なのかもしれませんね。

 

結婚は本人の気持ち次第

彼氏がバイトの場合の結婚について幾つか挙げてみました。

人によって状況や事情は様々ですが、結局は本人たちの「気持ち・決意」次第かと思います。

 

今はバイトであっても向上心を持つ彼氏ならば将来的に正社員等の仕事に就くこともあるかもしれませんし、収入が低い仕事であっても夫婦助け合いの精神があれば充実した生活を送ることも出来ます。

逆に彼氏が正社員として仕事をしていてもお互いに協力する姿勢がなければ夫婦はうまくいきませんし、どんなに収入の高い彼氏であっても家庭を顧みない人であれば女性は幸福を感じないでしょう。

 

私の知り合いにもフリーの男性がいて結婚をしていますが、事業はさほど儲かってはいないようです。

いつも奥さんは手伝いとパートでバタバタ忙しそうにはしていますが、それでもその姿は不幸せには見えません。

幸せの尺度は人それぞれですので、苦難があっても「一緒に乗り越えたい」と思える人と結婚するのが良いのかもしれませんね。

 

今回は彼氏がバイトで結婚をするケースについて挙げてみました。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク