パートを辞める理由は嘘でもよい?スムーズに円満退職するには?

今回はパートを辞める理由が嘘のケースについて挙げてみたいと思います。

パートを辞める際、意外に困ってしまうのが退職理由。

退職時には必ずと言っても良いほど聞かれるため、何か良い理由はないものかを考えてしまう人もいます。

また本音の退職理由を伝えると話がこじれる事もあり、辞める理由として嘘をつく人もいる事でしょう。

今回はそんなパートを辞める理由が嘘の場合について挙げてみます。

スポンサーリンク

パートを辞める理由は嘘でも大丈夫?

パートを辞める理由でをついても大丈夫なのでしょうか。

結論から言えば、嘘であっても問題はないかと思います。

 

昔から「本音と建て前」とは言いますが、本音をそのままダイレクトに伝えると話がまとまらなくなる事は多々あります。

パートを辞める際、誰しも人間関係や仕事の悩み・いじめ・待遇・家庭の事情などがきっかけで退職を考える人が多いです。

ですが例えば本音として「上司と仕事のやり方が合わないから辞めます」と伝えても、それは決して良い結果には繋がらないでしょう。

 

そのためパートを辞める際の理由は本音か嘘かではなく、「自分が伝えやすい理由かどうか」「相手が納得してくれる理由かどうか」が大切なように思います。

もしそれが嘘であったとしても、それは相手を騙すために言っている訳ではなく、できるだけ相手を不愉快にさせずに伝えるための退職者なりの気遣いとも取れます。

大切なことは「辞めたい」意思をきちんと伝える事であり、その理由が嘘が本当かを探ることではありません。

 

私にも以前に少し管理者としての経験がありました。

アルバイトさんやパートさんから退職の申し出を受けた事も何度もあります。

退職の申し出をする時、皆さん意味ありげな様子でかしこまった態度で退職の話を切り出し始めます。

 

もちろん責任者として店を管理している以上、退職の話を切り出されれば「職場で何かありましたか?」「辞める理由を教えてもらえますか」と聞きます。

さすがに「辞めます→分かりました」では素っ気ないですし、退職者の事情もきちんと聞いてあげないといけないと思うからです。

ですが実際には、例えば退職者が本音で「実はうちの旦那の仕事が○○で…」と言われても、残念ですが私としては何の対応のしようもありません。

せめてシフトの勤務時間を工夫してあげたり休みの曜日を変えてあげる事は出来ても、本人の退職の意思が固まっている以上は店側で出来ることは限られています。

 

そのためパートを辞める理由が嘘かどうかは、実際にはそれほど重要ではありません。

パートを円満に辞められるのであれば、時にはそれが嘘や建て前上の理由であっても良いと思います。

「嘘=事実でないこと」という意味もありますが、全てが事実を話せば良い結果に繋がる訳ではありません。

むしろ嘘がつけない為に、いつまでも退職を切り出せなくなってしまう方が問題です。

パートを辞める際には自分が伝えやすい理由を見つけて、きちんと退職を申し出るようにしたいですね。

 

パートを辞める嘘の理由の例は?

パートを辞める際の退職理由にはどのような事が挙げられるでしょうか。

辞める理由として嘘を言うかどうかは人にも寄りますが、例えば以下のような理由が考えられます。

  • 体調不良のため(通院・入院が必要な病気など)
  • 正社員の仕事が見つかったので(以前から希望していた仕事が見つかった)
  • 子供との時間を増やしたい(子供が小さいため一緒にいる時間が欲しい)
  • 親の介護が必要になった(両親の介護など)
  • 収入アップを目指すため(学費や老後資金など、パートだけでは足りない)
  • シフトに融通が効く仕事がしたい(スケジュール調整・休みの希望など)
  • 夫の転勤のため(転勤により通勤できない為)
  • 仕事内容が合わない(自分の性格に合っていない)
  • 自宅から近い勤務地の仕事を探したい(自分の年齢を考えてなど)
  • スキルアップ・キャリアアップ(将来を見据えてのキャリアアップ)
  • 結婚をする事になった(寿退社)
  • 契約条件と異なる(残業が多すぎる・シフト日数が多いなど)
  • 友人の会社に誘われたため(友人の事業を手伝うことになった)
  • 親の代わりに家事をする事になった(親が高齢になってきたため)

 

関連記事:パートの退職理由ランキング30。円満に辞めるための上手な伝え方

上記は一例ですが、パートを辞める際に嘘の理由を言うかどうかは人それぞれです。

自分が伝えやすい理由を考えて、退職時にはしっかりと伝えるようにしたいですね。

スポンサーリンク

パートを辞めたいのに人手不足?

パートを辞めたいのに、職場が人手不足なので辞められないというケースもあるかと思います。

責任感の強い人であれば、人がいない状態のままでは退職できないと考える人もいる事でしょう。

確かにそのような考えを持つ方は会社想いの優しい方だと思いますし、職場にとっても貴重な存在です。

 

ですが人がいないから辞められないというのは、あなたの思い込みである可能性もあります。

もちろんパート従業員の方でも専門性の高い仕事をしている方もいますが、パートで特定の人にしか出来ない仕事というのは少ないものです。

きつい言い方をすれば、あなたの代わりは実際にはいくらでもいます。

あなたが辞めたとしても、居なければいないで何とか回っていくのが会社です。

また従業員など人員の手配は会社側の仕事であり、あなたが考える事ではありません。

 

これは個人的に思う事ですが、人がいない会社やお店というのは常に人手不足です。

そのような職場では人手不足がいつまでも解消されず、あなたの退職時期もズルズルと引き延ばしになってしまう可能性もあります。

中には人件費を無理に削って積極的に人員補充をしない会社もあり、ハードワークや苦情処理などきつい仕事をパート従業員に丸投げしている会社もあります。

 

「みんな辛いけど頑張ってるんだから」等と言われると余計に辞めづらくなる事もありますが、だからと言ってあなたが退職の時期を逃すことはありません。

いつまでも辛い仕事を我慢して退職できず、あなたの人生スケジュールが狂うのはもったいない事です。

パートを辞める際にはあらかじめ余裕を持って伝え、引継ぎをしっかりして退職をするようにしたいですね。

 

パートを辞めるまで気まずい?

会社に退職を申し出てから、退職日まで「気まずい」と感じる方もいるかと思います。

確かに周囲の目もありますし、忙しい職場であればなおさら辞めていく人に対して冷たい視線を向ける人もいるのかもしれません。

中には退職を申し出てから、周囲の人が挨拶をしてくれなくなったり、そっけない態度を取られたという経験を持つ人もいます。

 

もしパートを辞めるまでが気まずいのであれば、以下のような工夫が考えられます。

  • シフトの出勤日数を減らす
  • 有給を全て消化する
  • 仕事だけに専念する
  • 体調不良を理由に時々休む
  • 気持ちを割り切る(こんな職場なら辞めて正解と)
  • 自分を上回る後任を育てる
  • 退職日を早めてもらう

 

仕事を退職する際には、法律上でも2週間前に伝える必要がありますし、社会人の常識としては1~2か月前に申し出るのがマナーです。

ですが辞めると伝えてから1~2か月気まずい状態を我慢するのって、意外にきついもの。

またパートを辞めるとなると上記のように陰湿なイジメが始まるケースもあれば、逆に手のひらを返して周囲が変に優しくなる場合もあります。

それくらい人が辞めるという事は周囲にも影響を与えるという事なのでしょう。

 

退職前の周囲の状況というのは様々ですが、それでも今までお世話になった会社である事に違いはない筈。

退職日までの1か月はあっという間ですので、最後の力を振り絞ってがんばりたいですね。

 

パートを辞める理由が嘘まとめ

パートを辞める理由が嘘のケースについて挙げてみました。

パートを辞める際には言いにくい事もあるかもしれませんが、自分が伝えやすい理由を見つける事が大切です。

嘘であっても本音であっても、辞めたい場合にはその意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

きちんとパートの退職手続きを済ませ、前向きに次の新しいステップへ進んでいきたいですね。

今回はパートを辞める理由が嘘の場合について挙げてみました。

スポンサーリンク